« 20年(5) | トップページ | 訴訟=バトル? »

2017年5月24日 (水)

20年(6)

ちょうど20年前の今日は、神戸市の「須磨ニュータウン」友が丘地区で、土師守氏の二男、土師淳君(当時11歳)が行方不明になった日である。

 

淳君の遺体を司法解剖した医師は、淳君の胃の内容物がほとんど未消化の状態であり、十二指腸にも送られていなかったことから、淳君の死亡推定時刻を、本人が家を出て間もない午後140分頃と推定している。

 

ところが、淳君を殺害したとされるAの調書によれば、家を出た淳君に声をかけ、二人の自宅の裏手にある小さな丘稜地(通称「タンク山」)に連れて行って、乱闘の末、首を絞めて殺したことになっている。この調書どおりに犯行が行われたとすれば(家庭裁判所の決定でも同様の認定が行われている)、胃の内容物はかなり消化が進んでいるはずである。

 

この一点をもってしても、Aの供述には信用性がなく、家庭裁判所の事実認定に誤りがあることは明らかである。もちろん、他にも矛盾は多く存在し、すべてを書いていくときりがなくなるほどだ。

 

神戸事件(1997年)をめぐる主な疑問点・争点50項目

 

元少年Aなる人物が書いた手記には、これらの疑問点に答える記述がまるで存在しない。あの本は、A少年が無実ではないのかと考えている人々にとって、あの荒唐無稽な検事調書と同じくらいリアリティのない作文に過ぎない。

 

報道によれば、Aはあの手記を出版した後、両親から直接会いたいとの連絡を受けたが、「気持ちの整理がついていない」として、面会を拒んでいるという。あのような「開き直った」との印象を受ける程の手記を出版しながら、「気持ちの整理がついていない」とはどういうことなのだろうか。

 

あの日から20年経った今でも、事件は未解決のままだと思えてならない。

 

« 20年(5) | トップページ | 訴訟=バトル? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560226/65322516

この記事へのトラックバック一覧です: 20年(6):

« 20年(5) | トップページ | 訴訟=バトル? »